マイベストプロ

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月10日 (水)

中国の工場、進む自動化

日中関係は、領土問題で現在、大いに冷え込んでいますが、大局的、長期的な視野で問題解決にとりくんでもらいたいものです。

 

さて、その中国関係のニュースで、最近、ファイナンシャルタイムズの記事で面白い情報が掲載されtいました。

中国で、工場自動化が進み、2014年には世界最大の自動機械市場になる(国際ロボット連盟)というのです。

その背景には、30年に及ぶ一人っ子政策による労働力不足と、それに伴う労働賃金の高騰があるとの事。確かに、ここ数年の中国労働市場を見ていると、毎年のように最低賃金が政府によって引き上げられ、もはや中国は安い労働力の国とは言い難くなってきています。それゆえ、工場の生産の自動化を推進せざるを得なくなっているのです。

中国の生産環境も様変わり。安い労働力を求める企業は、中国を見限り、バングラデッシュ、カンボジア等へ逃げ、それでも中国国内生産にこだわる企業は、自動化に突き進む。そのような節目に差し掛かっているのかもしれません。

 

加えて、現在の日中関係の冷え込み。この両国の関係改善が長期化すれば、中国に対する日本企業の生産戦略が、ガラッと変わってしまうかもしれません。その時、両国にとって、どのようなメリット、デメリットがあるか? 注意深く観察したいものです。

 

--------------------------------------------------
ティーベイション株式会 http://www.t-vation.com
技術開発に困ったらKNOW-MA http://www.know-ma.com/
-------------------------------------------------

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »