マイベストプロ

無料ブログはココログ

« パナソニック、2012年度にFA事業の売上高を2,000億円に拡大へ | トップページ | エレクトロニクス敗退の原因は? »

2012年3月28日 (水)

シャープの再建戦略

昨日と今朝の新聞で一番インパクトを受けたのは、シャープが台湾のEMS企業から出資を受けることになり、その企業が筆頭株主になるという記事でした。

 

 

 

日本のエレクトロニクスメーカが、韓国等の海外メーカの攻勢にあい苦境に立たされていることは事実で、またこの原因には、韓国のウオン安、過激な円高、デジタル製品のコモディティー化等、環境変化に伴う要因があり、日本企業は、全体として逆風にさらされているのは仕方がないと思います。

 

 

 

しかし、そのような環境変化の中でも、変化を予知し、事前にそのリスクを回避するのが、経営戦略の役目ですが、この点において、シャープはこれまで十分な戦略を立てていたのでしょうか。

 

 

 

液晶テレビ製造において、川上から川下までをコントロールする垂直統合戦略をとり、また

 

海外企業に対しての技術流出を避けるべく、工場全体をブラックボックス化する戦略をとってきたと思いますが、そのような動きに対して報道の論調はおおむね好意的でしたが、このブログではその当時懸念を呈してきました。というのは、2000年代に入り、デジタル技術の進展は猛烈で、高度な製品であっても、自社だけでまかないきれない世界は迫っていると感じていたからです。

 

 

 

その懸念が現実のものとなってしまった、というのが、今朝の記事のインパクトでした。そして、更に象徴的なのが、提携先が、完成品メーカではなく、世界最大のEMS(電子機器の受託製造サービス企業)です。これは、今後の電子機器製造業界の水平分業体制へのパラダイムシフトを如実に象徴していると思います。

 

 

 

このような中、日本企業はどうして生き残るのか。シャープの今後の経営戦略に注目です。

« パナソニック、2012年度にFA事業の売上高を2,000億円に拡大へ | トップページ | エレクトロニクス敗退の原因は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564281/54329191

この記事へのトラックバック一覧です: シャープの再建戦略:

« パナソニック、2012年度にFA事業の売上高を2,000億円に拡大へ | トップページ | エレクトロニクス敗退の原因は? »